忍者ブログ
but I wish。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
shu。
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1985/01/15
職業:
Programmer。
最新コメント
[10/21 ai]
ブログ内検索
アーカイブ
バーコード
アクセス解析
NINJA-Ad
[12] [11] [10] [9] [7] [6] [5] [4] [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

> マザー・テレサ語録 Part1
> マザー・テレサが見た日本の巨大な貧困

貧困とは

「生きる事に困っているコト。」

金や家が無くても、食べ物や衣類が少なくても、友達や恋人が居なくても
生きる事に困っていない人も居るだろう。

其の人は、きっと、貧困では無い。

金や家をどれだけ持っていても、食べ物や衣服がどれだけ有っても、友達や恋人が何人居ても
生きる事に困っている人も居るかも知れない。

其の人は、きっと、貧困だろう。


マザー・テレサが初めて来日したのは1981年4月22日。
其れから、2008年の今年で、27年の月日が流れる事になる。

『けさ、私は、この豊かな美しい国で孤独な人を見ました。
 この豊かな国の大きな心の貧困を見ました。

 カルカッタやその他の土地に比べれば、貧しさの度合いは違います。
 また、日本には貧しい人は少ないでしょう。

 でも、一人でもいたら、その人はなぜ倒れ、なぜ救われず、その人に日本人は手をさしのべないのでしょうか。
 その人が飲んだくれだから!
 でも、彼もわたしたちも兄弟です。
 本人はきっと孤独でしょう。
 みなから無視されての……。
 やけ酒かもしれません。

 私は、短い間しか日本に滞在しないので手を貸してあげるのは、せんえつだと思い、何もしませんでしたが、
 もし、女の人が路上に倒れていたらその場で、語りかけたり、助けていたと思います。
 豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。
 だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。
 物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。
 心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。
 日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください。』

かつてマザー・テレサが見た、此の日本と云う国の貧困は、未だ、解決されていない。


物質的な貧しさと云う、経済的貧困。
心の貧しさと云う、精神的貧困。

どちらも、此の日本に存るだろう。

其の貧困の中で
其の貧しさの中で

今、考えなければならない事は、ただ一つ。

此れから、如何するのか。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Shu's Dog-ear
Twitter
Kenn's Clairvoyance
Eriko Blog
kiriya.com





Template by Crow's nest  忍者ブログ  [PR]